2008年09月18日

モンハンベンチ初動作

ベンチ

Sofmapに注文していたパーツが届いたので3時間かけてせっせと組み変えWindowsをインストールして、いざプレイしようとプログラムをダウンロードしようとしたらサーバが混雑してるからかモンハン本体が落ちてこねー。ってな訳でカプコン以外から入手できるベンチマークを使ってみたが以前の環境では動作すらしなかったので基準がよくわからん。

環境は以下の通りでモンハン推奨の「インテル入ってない」な構成

CPU: Athlon X2 4850e
マザー: JETWAY HA06
GPU: GeForoce 9600GT
メモリ: 2GB(1GBX2)

問題はGIBABYTEのファンレスのグラボが15000円を切る特価で売られたのに飛びついたのはいいが、ベンチ動作時には卵焼きが焼ける温度になっていたのでファンの追加を考えなくてはならず完全に本末転倒。

当初、HA06がCPUクーラーとノースのシンクが干渉するやら何やらで面倒なのでCPUクーラーはリテールで行こうと思ったが午前中に近くのショップまで行きANDYを購入。ノース側のレバーを予め閉めた状態で引っ掛けてファンを軽く抑えるようにしながら反対側も閉めればポン付け可能で、ナルトみたいな形のノースもバッチリ冷やしてくれる。

それにしてもダウンロードが完了するまでの時間潰しにブログを書いているが、残り時間1時間30分は苦痛だorz

追記:

その後も回線速度が安定しないやダウンロード中に停止するという事態が何度も続き翌日に再挑戦しても同様だったのでHA06のオンボードLANのドライバをJETWAYから入手して挑戦すると何事も無かったかのように成功。恐らく、カニさんの最新ドライバが悪さをしていた模様。


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。