2008年06月21日

FIrefox3の導入

Firefox3がダウンロード可能になった日に導入したのだが、「これが無かったらFirefoxを使わない」と断言できる位に重宝している「Tab Mix Plus」と「All-in-One Gestures」が現時点で非対応なので当面の間は導入を見送ろうと考えていた。しかし、この1〜2ヶ月位はウィンドウサイズを変更するJavaScriptを無効にしているにも関わらずウィンドウがリサイズされるのに悩まされていたので思い切ってVerアップに踏み切った。

「Tab Mix Plus」はフォーラムから開発版を入手できるので正式版がリリースされるまで代用して、「All-in-One Gestures」の導入は見送り、既にFirefox3に対応しているのに加え、日本のFirefoxユーザーに好評な「FireGestures」に乗り換えた。

個人的に今回のVerアップで目新しい物は無い半面、改善して欲しい点が改善されていた。

まず、検索バーのリサイズに対応した事は地味に嬉しい。SleipnirなんかではとっくにできたのにFirefoxではuserChrome.cssを弄る必要があるので特に。次に、ダウンロードマネージャーを横長に表示しなくてもDL残り予想時間と転送速度が表示されるように改善されていた。

あと、これは単なる不具合かもしれないが最後のタブを「FireGestures」で指定したマウスジェスチャーで閉じるとFirefoxが終了するようになった。これは前々からできたら良いなと思っていただけに素直に嬉しい。

【6/30追記】

しばらく使ったらタブを閉じてしまうのは不便である事に気付きFireGesturesのスクリプト追加から「gBrowser.removeCurrentTab();」を追加して最後のタブを閉じても空白タブになるように変更。


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。